推しのピアニスト

延期されていたショパンコンクールが開催されています。日本人も多数参加しており、注目しているピアニストの1人が反田恭平さんです。1次予選、2次予選と素晴らしい演奏でした。繊細で儚い音色が心の奥底に響いてきます。この響きこそがショパン!という音色なんです。

もう1人注目したいるピアニストが牛田智大です。残念ながら2次予選までで次に進むことができませんでした。他の出演者と比較しても、何故敗れてしまったのか疑問なくらい良い演奏だったと思います。気になったのが、牛田さんの音の響きが重いように感じました。軽い音を出していた方が2次予選を通過したようです。審査員が求めている音というのがあるのでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

新規生の募集について