ショパンコンクール本選

3次予選が終わり、2人の日本人ピアニストが本選に進みました。

反田恭平さんも本選に進みました。マズルカは外国人には難しいと言われてます。ポーランド人が奏でるマズルカが本当のマズルカなのだと。何が本当なのかわからないけど、反田さんの弾くマズルカはとても心に沁みるのです。音が語っているように聴こえてきます。
最後の英雄ポロネーズも素晴らしかったです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

推しのピアニスト